デモトレードの使い方


 

 FXをの取り扱いをしている業者では、デモトレードと呼ばれる仮想資金を使ったシミュレーターのサービスを行っているところが多くあります。

このデモトレードは、FX取引きを全く知らない人がどのようなものであるかを試してみたり、また、またFXを始めて間もない人が取引きの練習のために使ったり、FXに慣れた投資家が戦略の組み換えや、為替相場の流れを見たりするなどの目的で使用されています。

いずれにせよ、自分の資金を使うことなくFX取引を体験できる、という事が、このデモトレードの最大の強みと言えるでしょう。
しかしながら、この実際のお金ではない、仮想資金を使ったシミュレーションである、という事が、時に弊害をもたらすこともあります。

デモトレードでは、どんなに大胆な取引きを行っても、どんなに大きな損失を被ったとしても、それが現実に反映することはありません。

しかし、実際の取引きでは、当然の事ですが自分の資金が失われていくということをリスクにして、利益を求めていく事になります。

例えば、10万円の仮想資金を持っていたとした場合、デモトレードではこの資金をそのままそっくり投資して、取引きを成功させて20万円に、それをまた全額投資して40万円に、という投資方法であっという間に利益を増やすことができます。

デモトレードは多くの場合、本物の為替相場と取引システムツールを使って取引きを行うために、実際のFX取引でこれと同じことをすれば、おそらく同じ結果が得られて10万円の資金を40万円にすることも可能のはずです。

しかし、本物の自分の10万円の資金を、そっくりそのまま投資して、まったく同じように取引きを成功させ続け、40万円にすることは、果たして本当に可能でしょうか。

実はこれは、非常に難しいと考えられます。人はリスクを避けたがるものですので、まず初めに10万円を一度に投資することができないと思われます。
なぜなら、そのたった一度の取引きで、その10万円が失われるばかりか、場合によっては、投資をしたばかりに、その損失による借金を負う可能性もあるからです。

手持ちの10万円を失い、さらに借金を作る、こう考えた時に、手持ちの全資金10万円をそのまま投資できる人はほとんどどいません。

また、10万円を投資したとしても、それを20万円にする取引きの過程で、心理的な圧力に判断を邪魔されるでしょうし、また、そこからさらに40万円の取引きを行う気持ちになれるか、と言えば、おそらく、ここまで利益が出たのは運が良かっただけ、これ以上の取引きはうまくいかないだろう、という考えを持ち始める事になるしょう。

それだけ、実際の自分の資金を使うという事は、重たいものなのです。

こうしたことを希薄にしてしまうデモトレードでの取引きは、危険である、ともいえるのです。

デモトレードは、あくまでも投資取引の流れや相場の雰囲気を掴むためのシミュレーションとして使うのが有効であり、投資のスキルを伸ばしていきたいと考えるのであれば、数千円の少額でも構わないので、自身の資金を使っての投資を体験するのが一番です。

 
 
v